--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年04月13日 (火) | Edit |
そういえば何年も前の話ですが、
ニュースステーションにとあるプロの雀士がゲストで出ていました。
そうして久米さん、小宮さん、ゲストで出演していた落語家のお師匠さん、
そしてプロの雀士4人で麻雀の卓を囲んだのです。

久米さんは麻雀ができるようでしたが、小宮さんとお師匠さんはほぼド素人でした。
4人でじゃらじゃら牌をまぜまぜいたしまして、それぞれ2段に積み込みます。
サイコロは小宮さんが振って、お師匠さんのところから始まったかと記憶します。
それぞれ牌を持ってきて、並べるわけですが、
全部並べたところで、ぬわんと久米さん、大三元リーチ!!
そうして1順目で持ってきた牌で、ぬわーんと一発ツモ!!!
久米さん、ありえねぇとばかり大笑いです。
もちろんそのプロの雀士がそうなるように仕込んだのです。

しかし4人で積み込んだのに、サイコロの数字が何になるかもわからないのに、
そしてどこから始まるかもわからないのに、
どーして久米さんに大三元を仕込めるのでしょう。
「うーん、蛇の道は蛇みたいのがあるんですよねぇ・・・」
と、その方はおっしゃっていましたが、
怖いですねぇ、麻雀って。

その点、当時女4人でやっていた麻雀なんぞは楽しいもんです。
アガリ牌を捨てているのに、人が捨てたら「ロン!」ってあがります。
それチョンボでしょって指摘されると、倒した牌をまた起こして続行です。
自分でツモるしかあがれませんが、これがまたツモりやがります。

「こういう場合ってこれであがれるんだよねぇ」と聞く奴もいます。
んな事聞くなよ。上がり牌、自らばらしてどーする。
なのにこれがまた振る奴が出るのです(笑)
「なーんで振るのさ。さっき自分でばらしてしょや」
「だーってこれ、いらなったんだもーん」

そのマンションの部屋は有線が聞ける部屋でして、
クリスマス近くになると「クリスマス・イブ」なんかが流れるわけです。
「去年もここで麻雀しながらこの曲聞いてたよねぇ」
「ま、来年は私はこの場にいないからさ。新しいメンツ探しといてね」
「悪いけど私も抜けてるから」
そう言って、次の年も同じメンツで麻雀をして、同じ会話が交わされるわけです。
楽しい思い出でございました。



土曜日。例によって2時半近くにやっと仕事から解放され、
昼休みのあるお店には間に合いません。
しかも雨交じりです。しけてますねぇ。
お蕎麦が食べたいなぁと思いながら、なんとなーくチャリを走らせて
なんとなーく回遊しておりましたら、このお店の前に出ました。

手打ち蕎麦 瑞兆さんです。
P4100074_convert_20100413065447.jpg

この辺は結構回遊しているのですが、気が付きませんでした。
で、早速入店です。

P4100063_convert_20100413065222.jpg

店内カウンターとテーブル席と、一つだけ小上がりがあります。
綺麗で落ち着く店内です。
お客さんがいらっしゃいまして、店内の撮影が出来ませんでした。

P4100058_convert_20100413065133.jpg

お蕎麦をいっぱい食べたいと思っておりましたので、
大ざる(670円)をいただきます。

P4100065_convert_20100413065301.jpg

更科のお蕎麦です。
麺はとても艶があって瑞々しいです。
ですがちゃんとコシがあってしっかりしています。
おつゆも甘さをひかえめで出汁の香りがよく、お蕎麦とよく合います。
とても喉越しのいいお蕎麦で、おいしくいただきました。

P4100072_convert_20100413065336.jpg

また回遊できる季節がきてうれしいです。
願わくばもう少し天気が良ければいいんですがね。


手打ち蕎麦 瑞兆
札幌市中央区南4条西20丁目
11:00~21:00 月休
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。