2009年10月02日 (金) | Edit |
実家では、前日から腫れ始めた喉が、
がんがん腫れて痛かったし、寒気もするしで、
療養と称して上げ膳据え膳の布団の中生活をしてやろうと思ったのですが、
やれあっちに連れて行けだの、こっちに行けだの、迎えに来いだのと
アッシー(古!)として容赦なくこき使われましたのです。
ま、体は元気だし、熱もないし、旺盛に食べるしでは仕方ないのですけども。

P9280007_convert_20091002070008.jpg

そんな中、日帰りで父と訪れたのがこちらの温泉宿でした。
旅館のような佇まいですが、自炊で泊まるというお宿で、
各部屋自炊のための設備や鍋・食器などが完備されているのだそうです。
宿泊料は大人一人一泊2,000円ぐらいだったかと思います。
好きな食材や飲み物を持ち込んで、わいわい調理をしながら宴会という
ご家族やグループにはいいかもしれません。

向かう途中で見かけたキタキツネです。毛艶、つやつやでした。

P9280003_convert_20091002070035.jpg

体調が思わしくないので、湯上がりのビールもイマイチおいしくないのですが、
がんがん腫れた喉に、ビールの炭酸が突き刺さるように滲みるのは
結構快感だったりするのです。
9月、熱を出しては治り、治っては熱を出すの繰り返しなのだと言う私に
母が一言。
「薬変えたらいんでない?アサヒとかキリンとかに」


PA010001_convert_20091002070115.jpg

花ゆづきさんです。
毎月26日は風呂の日で回数券が安くなるので買っておき、
たまに入りに行くお風呂屋さんです。

P9300015_convert_20091002070144.jpg  P9300026_convert_20091002070214.jpg

メニューが豊富なファミレスの様なお食事処が併設されていて、
板蕎麦が結構おいしいのです。機械打ちなのかと思いますが、
道産の蕎麦を引いて打った、自家製のお蕎麦です。

P9300019_convert_20091002070341.jpg  P9300018_convert_20091002070318.jpg  

本日は味噌ラーメンをいただきます。
ラーメンの麺も自家製だそうです。案外こだわってます。

P9300024_convert_20091002070439.jpg

腰があってつるつるとした麺です。大きな叉焼は食べ応えがあります。
白味噌がベースのスープはちょっとしょっぱめですが、
割とあっさりとしていて食べやすい一杯でした。

味噌ラーメンを食べたら、正油ラーメンも食べてみたくなって、次の日再訪です(笑)

PA010004_convert_20091002070530.jpg

今日の叉焼は昨日と違ってホロホロで、昨日より臭みの少ないものでした。
甘めのスープです。鯛だしがブレンドされているそうですが、鯛だしの甘味なのでしょうか。
もうちょっとキレのある正油だとうれしいな~と思いました。
海苔の風味がとても良いです。

以前は入浴料を払わないと入れませんでしたが、食事だけもできるようになっていました。
10月の季節そばは「十割田舎蕎麦」だそうで、10月中に再訪決定です。

PA010006_convert_20091002070404.jpg

本日はお風呂も入って、あったまりました。
未だに引きずっている風邪も早く治りそうです。

湯処 花ゆづき
札幌市西区二十四軒3条1丁目
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック