--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年01月10日 (火) | Edit |
むかしむかし、その昔、
当時私は一クラスの生徒数が20人ちょっとという、
少人数で編制されていた学校に通ってました。
そこから歩いてほど近い電車通りに担々麺の美味しいお店があり、
時おり学校帰りに友達と食べに行っていたのです。

ある日の休み時間に、あそこ美味しいよねーという話しになりました。
「食べたいねー。お昼時間に行ってこれないかな~」と言うと、
「行って10分か15分で食べれば余裕で間に合うんでない?」となり
「だよね。午後の実験なんか何時に終わるかわかんないしねー」
と言ってるところを聞きつけた何人かが
「なになにどこ行くって?」「タンタンメン?いいねぇ」
となり、意気投合した総勢12人くらいがそのお店に向かったのです。

DSC02126_convert_20120110065133.jpg

そこは古いお店で、1階はカウンターとテーブル席(があったよーな 笑)
2階は小上がりとなっておりまして、団体客は2階へ通されます。
DSC02130_convert_20120110065236.jpg

DSC02131_convert_20120110065256.jpg

注文を聞きに来たおばちゃんに
「俺タンタンメンの大辛!」「あたしタンタンメンの中辛」「俺も中辛」
「あたし今回は味噌にしよっかな」「俺も坦々麺大辛」
「あ、坦々麺大辛一つ大盛りにして下さい。」「大辛って結構辛いの?」「結構辛いよ」
「じゃさっきの大辛一つ中辛に変えて下さい。」「あ、さっきの中辛一つ大盛りで」
「え~、じゃあたしタンタンメン日一つ普通の辛さで」「俺も味噌」

DSC02128_convert_20120110065158.jpg

当時既に結構な年配だったオバちゃんは、大挙して押しかけた若者の団体が
矢継ぎ早にバラバラに注文するもんで、かなりテンパってしまったのです。
タンタンメン大辛がいくつで中辛がいくつで味噌がいくつで
どれが大盛りでどれが大辛から中辛に変更するのか、
整理されるまでかなり時間を要しまして、下へ降りて行きました。

DSC02133_convert_20120110065314.jpg

おそらく厨房のご主人もテンパってしまったのでしょう。
これがなかなか出てこない。
待てど暮らせど出てこない。
首をながーくして待つも出てこない。
早くしないと午後の実験に間に合わない。 
でもいくらなんでももう出てくるよね。
しかし一杯も出てこない。
間に合わないんじゃないか?やめて帰るか?諦めようと腰を浮かすも
でももう、茹でてるかもしれないしょや。
何ぼ何でももう出てくるしょや。で座り直す。
時間だけが過ぎていきます。

DSC02129_convert_20120110065217.jpg

やっぱ帰るか。
しかし行き着くとこは同じです。
「だってもう麺茹でてるかもしれないじゃん」
だいたい年中すきっ腹の年頃に昼抜きはあり得ません。
授業かラーメンかと言われれば、らーめんですっ。
が、しかーしっ!
いくら何でもタイムアップ!


だめだ帰るべ!一斉に腰を浮かせた時です。
「タンタンメン大辛大盛りでーす!」一杯目が到着です。
しかし誰も手を上げません。「あれ?誰だっけ?タンタンメン大辛大盛り」
「お前だベ」「俺だったけか?」「時間ない。いいからお前喰え」
あまりに時間が経ってしまったのと、あまりの空腹と
午後の授業に間に合わない焦りで一部記憶が飛んでます(笑)
「ほら味噌」「あれ?おれタンタンメン中辛だけど」
「おい誰か○○の中辛間違って喰ってないか?」
「あたしのこれ中辛なのかな」「いいお前これ喰え」「え~、これ~?」
「喰わないで帰るか、これ喰うかどっちかだゾ!」
「だいたいお前味噌って言ってなかったけか?」「あれ、そうだっけか」
わけわかりません(笑)
食べ終わった人から学校に戻ります。「先生に言っとくから!」

タンタンメン・中辛@タンタンさん

その頃午後の授業に来た先生。
クラスの半分以上が教室におりません。
「ん?どうした?」「ラーメン食べに行くってみんなで・・・。」
「んじゃ、喰い終わったら帰ってくるな」
授業が始まってちょっとして、食べ終わった生徒たちが
一人また一人と、すまなそーに身を小っちゃくして教室に入ってきます。

タンタンメン・中辛 スープ@タンタンさん

「美味かったか?○○」「…ハィ・・・。」
「△△、何喰ってきた?」「タンタンメン大辛大盛り・・・。」
「良く喰うなあんな辛いの。□□は何喰った?」「味噌デス。俺タンタンメン中辛って言ったのに」
「お前味噌って言ってたって」「違うって中辛って言ったって!」
「何だっていいべや。喰ったんだべや」by先生

先生は教室に入ってくる生徒一人一人に尋問をカマセマス。
食べるのが遅い私はもう一人と一緒に最後にすごすご入ります。
「やっぱり最後は●●と▲▲だべ。喰うの遅いくせに辛いの頼むからよ」
「ス・ス・スイマセン」「今度は小辛の小盛りにしとけ」「え~~っ。」
「よーしみんな喰い終わって揃ったな。じゃ実験始めるぞ」
尋問されるもオトガメなし。寛容な先生でした。ホント良かったです。
これが違う女の先生なら間違いなく校長へ報告となり、
遅刻した者全員その授業が欠席扱いとなり、さらに
「ま、必要な授業だと思う人は受けて行ったら?」と脅迫されるとこでした。

タンタンメン・中辛 麺@タンタンさん

卒業後は一時期札幌を離れていたり、札幌に戻って来ても忙しかったりで
足が遠のいている間に、その店は閉店してしまいました。

それから何年も経ち、たまたま夕方の地元の情報番組で偶然、
西野のタンタンというお店が紹介されているのを見たのです。
「あっ、あのお店だ!!」
と思いました。「なつかしー!」と思い早速訪問しました。

タンタンメンの中辛を頼みながら、
「ここって昔電車通りにありませんでしたか?」とお聞きすると
「あんら~、お客さん電車通りにあった頃を知ってるの。」
「はい。偶然この間テレビでこのお店の事見て、懐かしくて。
 閉店したのかと思ってました。移転だったのですね」
しかしお聞きしたところによると、当時のご主人は年齢と体調を理由に
閉店したんだそうです。その後親戚であった今のご主人が
このお店を中央区で復活させ、その後西野に移転したんだそうです。

それからまた何年も経ってしまいました。
久しぶりの訪問となりました。
昔の倒壊しそうな古いお店や黙々と作るご主人や、
今は亡き寛容な当時の先生を懐かしく思い出しながら、
相変わらず辛いタンタンメンを咽せながらいただいたのでした。

ごちそうさまでした。@タンタンさん

また必ず再訪しますよっ!
当時のお店は味噌も美味しかったのです。
なので次回は味噌か激辛味噌をいただこうと思います!
タンタンさん、美味しかったです♪
ごちそうさまでした~!


タンタン
札幌市西区西野3条6丁目
11:30~19:00過ぎまで。7時までは開けてるけど、
お客さんいなかったら7時過ぎに閉めると仰ってました。
7時半になったらまず開いてないそうです(笑)
定休日:1・3・5火曜日
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
私も食べた~い
kitadoraです^^
大作の記事をしっかりと熟読させていただきました。ニヤニヤしながら・・・=^-^=うふっ♪
そんな思い出のタンタンさん、私も「タンタンメン大辛大盛り」が食べたいな~v-221v-411
2012/01/11(Wed) 04:41 | URL  | kitadora #nM19YUmw[ 編集]
辛いですよ~~っ
kitadoraさん、こんにちわ~って、朝早っ!
長文&乱文を読んでいただきましてありがとうございました。
懐かしさについつい長々と書いてしまいました。(^^;)
うーん、次回行った時のネタがないぞ。

ここのタンタンメン、辛いけど美味しいです。
私も咽ましたが、隣のニイチャンも思いっきり咽てました(笑)
大辛は食べたことがないので、kitadoraさん、ぜひ!
レポ楽しみにしてまーす!
2012/01/11(Wed) 20:50 | URL  | ちゃりころ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。