--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年05月06日 (金) | Edit |
この日私はいろんな事が起こった上に、重ねていろんな事をやらねばならなくなり、
頭の中が整理つかなかったので仕事を放り投げて外に出ました。

人に言われるまでもなくあたしの脳細胞は単細胞でして、
細胞一つに核一つで出来ております。
時に細胞分裂するのですが、やがて片方の細胞は死んでしまいますので、
覚えたと思ったら忘れてしまいますし、一つの事しかできませんのです。
なのに何の計画を立てて提出しろの、何の準備をしろの、何々の指導をしろの
いっぺんにそーあちこちから言われましてもねっ、
ほらっ、もー、最初の事案で細胞はパンパンに膨れて破裂寸前であります。

そこへ持ってきてトラブル勃発です。
その処理にあっち行ったりこっち行ったり、もいちどあっち行ったりして、
あーでもない、こーでもないとやって帰って来て、
さ、さっきの案件と思った途端、限界を超えた単細胞はフリーズ。
Ctrl-Alt-Dereteは効きません。そいじゃ電源長押し。
しかし立ち上がってはきたものの
単細胞の核はおっきなのままで固まってます。

やーめたっ。
逃避します。
ちょうど来たバスに乗り込みます。
今日は簾舞に向かいます。

バスを降り、お店に向かう前に帰りのバス時刻を確認です。
今からお店行って食べた後となると、うお~4本しかない。
8時台は10分、30分、50分。
10分30分50分、10分30分50分。と、呪文のように唱えながら向かいます。
9時20分で最終か。それ以外は真駒内行きになっちゃうのね。
10分30分50分ね。10分30分50分と・・・。

到着午後7時半ちょっと前、どうかな?開いてるかな?
お店外観1@藤むらさん

よかった~。今日は開いいるようです~。(^^)v
前々から来たかったお店なのです。
ですが二度来て二度とも営業時間内ながら開いてませんでした。

藤むらさんです。
お店外観2@藤むらさん

店内、カウンター2か所にテーブル席。
席に着くも・・・誰もいません。店内テレビの音が響くのみ。んん?
店内1@藤むらさん 店内2@藤むらさん
テレビを見ながら待つことしばし。ご主人登場です(笑)

メニューです。クリックで拡大します。
メニュー@藤むらさん

こちらはこちらのお店のこだわりが記してあります。
お蕎麦へのこだわり@藤むらさん

「もり」を頼むことが多いのですが、
今日は「冷やしたぬきそば」を細打ちの並そばでお願いしました。

「冷やしたぬきそば」登場!
冷やしたぬきそば@藤むらさん

おお、思ったより具沢山。うーん、おいしそ~♪
冷やしたぬきそば お蕎麦@藤むらさん
さー、食べよ~。お蕎麦はどんなかな~?

と、食べようとしたところで、
カウンターの反対側に座ったご主人に話しかけられます。
「おたくは何を食べ歩いているんだい?」
「ラーメン、お蕎麦、スープカレー、うどんなんかが多いですね。」
「らーめんかい。最近のラーメンはどこもかしこも、どーしてあー豚臭いんかいね。
 だいたいお店の中があんなに豚臭いんじゃいられないよ。」
「あー、なるほどですね。」
「俺は日本食出身だから、あんまり豚臭かったり鶏臭かったりするのはねぇ~」
「最近は煮干しや魚のアラなんかで出汁を取っているお店もありますよ。」
「日本食の出汁はバランスが良くないとね」
「豚骨スープや鶏スープと魚介系出汁を合わせたところもあって・・・」
「鰹だけが出てても、昆布だけが出ててもだめなんだよ。」
「ですから、あの・・・」って、全然聞いてくれません(笑)
「○○(有名チェーン店)や□□(結構な人気店)なんか、どこ美味しいのかね」
さすが、日本食出身の大将はお味にうるさいですね。(^^)

お話を伺っていると、所謂「旭川系」のラーメンがお好きなようで、
「まるたか」さんは美味しいと意見が一致。
手稲のくどうラーメンさんから加藤製麺の話になった時に、
「琴似の市場の向かいに“ひなた”っていうお店があるしょ。
 加藤製麺の麺使ってるお店。あそこ美味かったなぁ~」
と、ご主人さま。しかし琴似をシマにして結構経ちますが、
その付近のラーメン店は現在の「咲弥」さんしか思い浮かびません。
「咲弥」さんの向かいに、ラーメン屋さんがあった事は・・・・
「ななし」さんではないようです。「ちゃうちゃう」と(笑)。
どこなんでしょう。疑問は解けませんでしたが。

と言うより、バスが一本、また一本と通り過ぎる音が聞こえます。
後客もなく、ご主人のお話もなかなか尽きません(笑)
お話面白かったんですが、とうとう9時を過ぎ、
20分のバスを逃すとヤバイという事で立ち上がります。

「おお。9時過ぎた。珍しいな。いつもは8時前には店閉めちゃうのに。」
どーりでっ!(笑)

「バスあるのかい?送ってあげたいところだけど、
 もーいいだけ飲んじゃってるしな~」
どーりでっ!(笑)

で、肝心のお蕎麦ですが、
美味しかったのは記憶していますが、
どんなんだったかは、話に花が咲いてしまってよく覚えておりません(^^;)

お話の途中、
「ラーメンをやってみようかなと思ってるんだ」
と仰っておりました。
「加藤は難しいかな。西山か別のところか・・・」と、
現在試行錯誤の最中のようです。

みなさま、
乞うご期待!

またお邪魔します。
今度は田舎そばでいただこうかと思います。
ご主人お勧めのお蕎麦屋さんにも行かねば。
藤むらさん、ごちそうさまでした。
ラーメン、待ってまーす!


手打ちそば 藤むら
北海道札幌市南区簾舞2条1丁目
11:00~15:00 17:00~21:00
(ただし、20時以降に開いている保障はありません(笑))
月、第1火休

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。