--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年07月05日 (月) | Edit |
そして土曜日。
この日足かせもしくは元凶の一人が出張♪でいません。
むむっ、定時で終わるかな?と期待していたら、ものの見事に定時に終わります。
だからさ、交代で出張に行っちゃってくれ、世の幸せのためだと
毒づきながら出発です。

札幌中心部を午後1時半過ぎに出発。東屯田通りを南下し、
途中から石山通に抜けて南下します。
問題は時間内に到着できるかどうかと天気の動向。
石狩中部 雷注意報

しかしムシムシするものの今のところ大丈夫そうで、軽快にチャリは疾走します。

南のほうは豊平区に比べたら、それほどの坂はないはずと
私も思ったが、みんなの意見もそうでした。
だがしかーし、石山通りはなだらかながら、ずーっと上り坂。延々と上り坂。
チャリで走ってみるとやっぱ違うなぁ~。車ではこんな坂、感じないもんなぁ。
藤野への道

しかも真正面から吹く強い逆風にチャリがなかなか進みません。
どーしてこういつも強い逆風なのでしょう。ついつい我が人生を思います。
しかも真正面から差し込む強い直射日光。
いかん、このままでは私の美貌に傷がつく。
お手洗いにも行きたくなったしと、途中のポスフールに寄って
トイレとついでに肌着も脱ぎ、帽子を購入して再出発。
この時点で2時15分。しかしこの休憩が後悔の元。

硬石山

川沿、石山とさらに坂はきつくなり、それだけならまだしも
逆風もさらに強くなり、ぜーんぜん進みません。
帽子は飛んでしまって役に立たず。くっそぉ~~!
私の美貌をどうしてくれるのだ。(←最初からどうにもなりゃせん)

それでも何とかお店到着。
はぁ~着いた~。
お店はお昼の部は3時まで。
到着は痛恨の3時15分。(T_T)

嗚呼、ポスフールの休憩が痛かった。
だがしかし、めげない!もう一回挑戦しちゃる!
今度は風のない日に休憩なしで行っちゃるぞ~!

(いいから車かバスで行けって)
(そうする可能性大)
(爆)


失意の帰り道。
こちらのお蕎麦屋さんがやっておりましたので、寄らせていただきました。

関家さんです。実に気合の入ったお蕎麦屋さんです。
関家さん1 関家さん2 

店内テーブル席と小上がり。前客0名でしたが、次々と後客が続きます。
関家さん店内 関家さんメニュー

大盛りでいただきたかったのですが、ちとお高いので
セイロを普通盛りでいただきます。
10Lくらい汗を出した体には、出されたお冷が事の外おいしく、
待っている間コップ3杯飲み干しました(笑)
お冷やあんどそばの素揚げ@関家さん


セイロ(¥840)です。
セイロ@関家さん

十割りとは一言も書いてありませんが、
メニューの文脈からすると十割りと思われます。
セイロあっぷ@関家さん

硬質ですが、ぼさぼさ感がなく、喉越しのいいお蕎麦でありました。
この時期ではありますが、お蕎麦のいい香りもいたします。
セイロ麺あっぷ@関家さん
おつゆは甘口ではなく、かといって辛口でもなく、
いい塩梅の、バランスのいいお味でございまして、
お蕎麦との相性もとてもいいのです。
おいしくいただきまして、坂を登ってきた体が癒されます。

帰りは順風の下り坂を一気に駆け下ります。
ちょー気持ちいい~。何が楽しみって登った坂を下るのが楽しみです。
何と行きの半分の時間で下りきったのでした。

入道雲


7月はまたみかんの缶詰と化します。
次回の疾走は8月かなぁ~。

関家
札幌市南区藤野3条9丁目
11:00~売り切れまで
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
勇気あるTRYに脱帽です。

水は高いところから低いほうへ向かって流れるということが理解できそうなルートです。
2010/07/09(Fri) 23:21 | URL  | そば太郎 #-[ 編集]
ありがとうございます。
あんな坂だと知らなかったから、行く事ができたというのが正直なところです。
知ってしまった今は、なかなか行く気になれません(笑)
まるで激流の川を遡るサケのようでした。
2010/07/12(Mon) 18:53 | URL  | ちゃりころ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。