--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年06月17日 (木) | Edit |
「今日は午後から雨がじゃんじゃん降ります」と言う
気象予報士さんの言葉を信じて、傘を持って家を出るも、
「そうだ久しぶりに車で行こう!」と急に思い立って車で出勤しました。
地下鉄の最終にも間に合わない事が、
結構起こるほど仕事が大混乱していた一時期、
チャリも地下鉄もやめて車で通勤していた事がありました。
車に風呂道具を積んでおいて、仕事が終わったら夜中までやってる風呂屋に行き、
さっさと帰りゃいいものを、ゆったり長風呂して寝不足まで背負い込んで、
毎日仕事の疲労に長風呂と寝不足の疲労を蓄積させるという、
矛盾に満ちた日々でありました。

毎日通勤で車を運転するうちに、車列の選定やコース取りなど
いかに早く効率良く道路を進むかというコツも覚えまして、
また仕事の後、あっちの風呂屋だのこっちの風呂屋だの行ってみたりして
なかなか楽しい「車通勤」でありました。

だが、久々乗ってみた朝の通勤道路、
「そうだった、あの信号が赤の時は手前のこの道を曲がるんだった」とか
「あ、違った、この道路でこの車列に着いちゃだめだったんだ」とか
コツは殆ど忘れておりまして、余計な時間がたっぷりかかった
大変非効率的な通勤となってしまいました。(涙)
たまには車で通勤してみるべきですね。


こ~ぬか~ あ~めふるぅ~ おおどおおりぃ~♪(チャチャッチャ)
いっしゅう~ がわぁ~りの~ だいかいさい♪
つけーめーん、つけめんはどこよぉ~ 
つけめんをたずねぇ~えて ひがしへあるくぅ~♪
ってかぁ(笑)

雨に煙るテレビ塔

っつー事で、こんなザーザー振りの日に「さっぽろ大つけ麺博」会場です。
日頃ラーメンは、汁に漬けて食べるより、汁に浸かっている方が好きなもんで、
つけ麺は殆ど食べないんですが、こんなイベントでもないと
一生食べないだろうと思われるお店もあるので、ちょっと寄ってみました。

券売機で食券2枚を購入しまして、1軒目「Fuji屋さん」です。
豚ソバ Fuji屋さん@さっぽろ大つけ麺博

暖簾も「OPEN」の木札も一緒に出張です。
Fuji屋さん open板@さっぽろ大つけ麺博

店主さまと目が合いますと、「お、こんちわ!」と声がかけられます。
む、つけソバナットウカリーの件で顔を覚えられましたか(笑)

Fuji屋さん つけ麺@さっぽろ大つけ麺博

辛さ2倍(+100円)です。お、お店とは麺が違いますね。
Fuji屋さんつけ麺 麺あっぷ@さっぽろ大つけ麺博 Fuji屋さん つけ麺スープ@さっぽろ大つけ麺博

嫌いではないんですが、つけ麺の麺って
どうして太いのが多いんだろうと思ってた私、
この細めん、つるつる啜れて実に好きな麺です。
Fuji屋さん つけ麺あっぷ2@さっぽろ大つけ麺博

ベースの出汁がFuji屋さんの出汁で、何かホットします。
辛さ2倍はそんなに辛くありません。スープ熱々でおいしかったです。
近々ナットウカリーも食べに行こうっと。

で、2軒目 本枯れ中華そば 魚雷さんです。
本枯中華そば 魚雷さん@さっぽろ大つけ麺博

お店の概観写真撮っていいかを尋ねると、
「お、俺は写らなくていいんかい?」と明るく元気な店主様です。
実は大変な事でしょうこのイベントを、店主さまも楽しんでおられる様子です。

魚雷さんつけ麺@さっぽろ大つけ麺博

味玉トッピング(+100円)でお願いしたのですが味玉がなく、
スープに玉子の黄身が入っていたので、
「味玉ってこれか?」としばらく悩んだ私デス。
味玉はやっぱり忘れられたようです(笑)

麺は平打ちでモチモチとした食感がいい感じです。叉焼もおいしいです。
魚雷さんつけ麺 麺あっぷ@さっぽろ大つけ麺博 魚雷さんつけ麺 バラ肉叉焼@さっぽろ大つけ麺博

そして煮干の効いた美味しいスープです。麺がよく絡みます。
途中からは黄身も絡めて、まったりさせて啜ります。
魚雷さんつけ麺 麺スープ絡めて@さっぽろ大つけ麺博 魚雷さんつけ麺 麺卵絡めて@さっぽろ大つけ麺博

どちらもおいしくいただきました。割りスープがないのが残念ですねー。
これなら全店いけるなぁと思いましたがやめました。4,000円はちと辛い(笑)
でも、どうしよう。全部気になるなぁ。

ですが、後からずっしり来るのがつけ麺でして、
駐車場までの道のり、体が重いのなんのって、あーた(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。