--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年10月23日 (火) | Edit |
しゃんぷぅ~~


後輩というものが出来て、指導する立場になって何年経つのでしょう。
相変わらず指導の難しさと言いますか、指導力のなさが身につまされる毎日です。

コミュ障なんて言葉がありますが、仕事をする上で必要なのは
コミュニケーション能力というよりは、言葉に表して伝える能力、
自分の意図するところを同じように意図してくれるよう伝える表現力
だと、私は思うところ今日この頃です。

伝えるべき事をきちんと言葉に表して相手に伝える。
難しい言葉や表現を使っても伝わる人にはそれでもいいですが、
相手によっては難しい言葉や表現を、平易な噛み砕いた言葉や表現に変えて
しかしどちらの人にも意図が同じように伝わるようにしゃべらなくてなりません。
別に人見知りだろうと無口だろうと無愛想だろうと関係ないのです。

昔はそうではありませんでした。
今は人間かなーりまるーくなった上司も
昔は「一言ったら十理解してやって!」と怒鳴りまくってました。
そうしたら周りはどうなるか
その上司の一挙手一投足どころか、ふとした手の動き、ふとした視線の動きで
動きの先を読んで先回りして動こうとします。
読みが違ったら怒られ、読みが当たったらスムーズに進行します。
上司の方も多少は「こいつならこうしたらこうやるだろう」
ぐらいの読みで動いていたかもしれません。

やがてその間には「あうんの呼吸」なるものが生まれ、
そうなるといちいち言葉を発しなくても作業はスムーズに進行します。
息が合ったやりやすい相手となるのです。

しかしその「あうんの呼吸」なるものは
上司と限られた部下たちの間のものであって、
他の部下、特に新しく入職した者達にとっては全く通じません。
「あうんの呼吸」が通じる者も永遠にそばにいるわけではありません。
「あうんの呼吸」という、経験とその場の雰囲気なんかで身に付けた
空気のように無味無臭で目に見えないその「感覚」みたいなものを
感じとってもらって身につけるなんて事をやってたら
日が暮れてまた明けてきます。全ての事が永遠に停滞します。

そこで「言葉で説明する」「言葉で指導する」が登場します。
しかし
「あ、それいいから、こっち先」とか
「それ取り敢えずやらなくていいから。」ではイケマセン。
「これはこの理由で少し待てるから、そっちを先にやって、
 そっちがここまで進んだらちょっと時間ができるから
 その間にこっちをやると、二つとも上手くいくしょ?」
「○○さん今あれやってるから、貴方はこれをやっといて。
 あなたがこれとやってる間に私こっちをこうしておくから、
 あなたはこれが終わったらこっちの続きやってもらって
 ○○さん手が空いたらそれをやるから、そうしたら私そっちやるから」

全て言葉に表すのです。
めんどくさいですね~。(笑)
そのくらい言わなくても察してやってくれよ!って思いますねー。
だめなんですねー、それじゃ。
それに一体どこまで言わなくちゃならないのか。
ぜーんぶです。ぜーんぶ。
しかしこっちは全部言ってるつもりが、
その人の行動を見ると・・・あれ?わかってない(笑)
この説明ではこうなっちゃうのかあ~と。
伝える側の言葉足らず。
その説明の仕方では足りないのかと思い知らされるのです。

とまぁ・・・最近ぶち当たってる壁デス。(^^;)

ぐたぐだ書いた後はラーメンです。
こちらもandroidに残してしまったお店の再訪です。

らーめん勝三さんです。


店内カウンターのみの細長い造りです。


メニューです。入ってすぐの左に券売機があります。


月替りメニューもあります(抜粋です)


前回食べたのは辛味噌でした。
これが結構キレのあるお味で美味しかったのです。
いけるじゃん!と思い再訪なのです。
で、今回はこれ!


と思いましたが、写真を見て怖じ気づきまして(^^;)
今回は「鶏がら魚介(醤油)ラーメン」+味玉を選択しました。

しばし待ち登場。


鰹のいい香りが~よいわ~

スープ。

鶏出汁に鰹。
あっさりながらコクのあるスープに鰹のいい香りが加わって、
そこに醤油ダレの風味が加わる一杯。
千葉のラーメンでしたっけ?
確かに札幌にはないタイプです。

麺。


少し縮れた黄色麺。
ですがこれもサッポロとは違うのです。
どこの麺なんでしょうか。

具はふっといけど柔らかいメンマと


柔らかくホロホロ叉焼~


そしてそしてそして
味玉~

パカッ♪


などと楽しんでいたらデザート登場♪


ヨーグルト?
よくわからなかったけど ^^;

完食っ

案外好きです、ここのラーメン。
千葉のラーメン。サッポロでもアサヒカワでもない独特なタイプ。
でも強いて言うならちょっとインパクトが弱いかな~

また来ます。
店主さまに「ぜひ食べてみて下さい!」と力説された

これを。
もちろんデフォでお願いします。m(_ _)m


勝三さん、ご馳走さまでした。

らーめん勝三
札幌市西区琴似2条1丁目 コトニ美松ビル1F
11:00~翌朝6:00
年中無休
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。