--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年10月27日 (木) | Edit |
いやいやわんこ

わんことお散歩しておりますと、
やだやだ行かなーい!と拒絶する場所がありまして、
そこがとあるビルの立駐入り口。車が出入りする付近。

そこの前に差し掛かると、おそるおそるになって
わんこ

何とか避けようと必死で(耳が怖いと言ってる・笑)
わんこ

やんだ~そこ怖ーい。そこ怖いのー。(:_;)
わんこ

やだやだやだ~。
抱っこじゃなきゃ絶対行かないもーん!

わんこ

と駄々をこねる。ここである。
怖い駐車場

何がそんなに怖いのかわからない。立駐の大きく開いた入り口が怖いのか?
もしかして大きく開いた入り口が怪獣の口に見えるのだろうか
そいで立駐に入っていく車が怪獣に次々と喰われているように見えるんだろか。
さらには車が出る時の「リロリロリロリロ♪」となる「出庫注意」の警告音が
怪獣の鳴き声とか車の悲鳴に聞こえるんだろうか。

しかし、
近くの駐車場の大きな入り口は平気で通り過ぎた。
では大きく開いた入り口が怖いわけではないのか?

と思っていたら、
先日ツルハの前でも行かなーいとごんぼほった。
この大きな電光掲示が怖いのかな?
怖い駐車場

しかしツルハは怖くても松屋は大丈夫。
お花屋さんの前は怖くても、焼き鳥屋さんや居酒屋の前は平気。

わかった。喰いモンがあるかどうかだな~!
だだっこわんこ
ち・ち・違うもーんあんたと違うのっ。とちっちゃい声で言っとこう。by わんこ



さて、ちょっと前の話になりますが、
ラーメン気分だったこの日。しかし結局出遅れてしまいます。
そこではたと思い出しました、「ふりっぱー」のクーポン券。
「毘沙門キッチン きのこラーメン100円引き」or「ラーメン(みそ 塩 正油)50円引き」
きのこラーメン、いい響きだ~。今からでもまだ間に合うし。
という事で早速向かいます。

毘沙門キッチンさんです。
お店外観@毘沙門キッチンさん

店内はカウンターにボックス型に区切られたテーブル席。
新しくてきれいです。
店内@毘沙門キッチンさん カウンター@毘沙門キッチンさん

ラーメン屋さんと居酒屋が合体したような雰囲気のお店です。
前客はヤングなねーちゃん達のグループと、ヤングなアベック一組。
BGMは歌手も曲名もさーっぱりわからない今どきのヤングな歌。
あらま、いていいのかしら。あたし(頬に手をやりながら)的な雰囲気。
いいしょやいても。いいに決まってるわよねー、客商売なんだからさ。
誰にも何も言われてないのに勝手にイチャモンをつけ、
さらには勝手に自分のいいように解決する。
これ、オバ道の第1章の序の口の前フリ
道は長い(笑)

で、メニューです。
夜訪問なので、居酒屋メニュー
メニュー@毘沙門キッチンさん

メニュー@毘沙門キッチンさん

と、ラーメンメニュー
メニュー@毘沙門キッチンさん
(↑上のメニュー3つはクリックで大きくなりますノダ。)

今日の狙いはこちら。
メニュー@毘沙門キッチンさん

きのこあんかけラーメン
きのこあんかけラーメン@毘沙門キッチンさん

まずはスープをば。
きのこあんかけラーメン スープ@毘沙門キッチンさん

あらま。
豚骨ベースのしょうゆ味。
こんな真新しくてキャピキャピしたお店の感じからは想像できないくらい
オーソドックスな食堂系の味です。
すごーい違和感。似合わねー(笑)
ま、たまたまお客さんが若かったからかもしれませんが。

麺。
きのこあんかけラーメン 黄色縮れ麺@毘沙門キッチンさん
ザ・サッポロの黄色縮れ麺です。

きのこ餡。
きのこあんかけラーメン きのこ餡@毘沙門キッチンさん
しめじ・エノキ・シイタケの他、
白菜・人参・もやしなどが入った具だくさんの庵です。
あったまります~。ってか暑い!(^^;)

何を期待していたのか、何故か拍子抜けしながら
ごちそうさまでした。@毘沙門キッチンさん
美味しく完食。

普通のラーメンは500円と安いうえに、クーポン使えば50円引き。
味噌、いってみよっかなー。

とここまで書いて知りました。
西野にあった毘沙門さんが移転したのですね。
西野のお店には行ったことがないので初訪です。
どーりで、ちゃんとした(ちゃんとした?)ラーメンなわけだ(笑)
毘沙門キッチンさん、ごちそうさまでした。
次回味噌いってみます。



毘沙門キッチン
札幌市手稲区前田4条10丁目3-23
11:30~15:00、17:00~22:00
無休
お店のHPはこちら。ただし住所もメニューも更新されてません(笑)
ふりっぱーの毘沙門キッチンのサイト&クーポンはこちらです。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。