--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年08月09日 (火) | Edit |
オバ缶詰だった、とある土曜日、
仕事も終わり、さてがんばるべかと机に向かおうとすると
丁度掃除のおばさんとばったり出くわして目が合います。

あらまたいるわこの人掃除の時間だけどまだ仕事なのかしらまー大変ねぇでも掃除の邪魔なんだけどでもさ仕事って言われたら何にも言えないべさやらないで帰るわけにも行かないしどいてとも言えないしどしたらいいのさあたしだって早く終わらせて帰りたいんだけど全くこの手の居残りが一番癖悪いのよね取り敢えずゴミだけ集めとこかしら

なんつーのが走馬灯のように表情に現れ、すごすご退散するわけです。
お昼でも食べに出かけます。

狸小路はお祭りです。「狸まつり」の真っ最中です。
狸小路はよくうろうろするのですが、駅前通りから東って
イマイチ行きたいお店がないのよね。
で、結局6丁目界隈をうろちょろするわけです。

取り敢えず何かでちゃちゃっと済ませるってな日に
「麺処とき」さんは良かったんだけどな~。
何気に気に入ってたんだけどな~。残念だなぁ~。
閉店・・・。
ちなみにまだ後釜は決まっておりません。

で、6丁目を通り過ぎてこのお店の前に出て、
「そだ。ここがあるじゃないか!」と入店したのです。

う月食堂さんです。
お店外観@う月食堂さん

時間が止まったような…とよく評されますが、
店内@う月食堂さん クラシック扇風機@う月食堂さん

ホント時間が止まったような空間です。
静かに流れるラジオが、先ほどあった地震の速報を盛んに流し、
唯一それが現実に戻してくれます。

しかも、
だっこちゃん@う月食堂さん 麦茶@う月食堂さん
ちょっと!このコップ!
ド田舎に住んでいた子供の頃、うちで使ってたのとおんなじ!
いやぁ~ちょー懐かしー!
こんなところで再会するとは。

メニューです。 メニュー@う月食堂さん クリックで拡大します。

ラーメンメニューは「ラーメン」と「肉ラーメン」に
「チカララーメン」「月見ラーメン」とあり、
お餅入りと生卵入りでしょうか。

で注文は、悩んで悩んで悩んだ挙句に「ラーメン」を選択です。
ラーメン@う月食堂さん

正油のいい香りがいたします。アツアツのスープを一口。
ラーメン スープ@う月食堂さん

思った以上に甘いスープですね。豚骨ベースに野菜の甘みでしょうか。
でも最近濃いラーメンが多かったせいか、すっきりして美味しいです。

女将さんが先客のお客さんに話しかけます。
「10丁目にある“うどん屋さん”閉店するんだとさ」

はて、10丁目にうどん屋さんなんてあったべか。
五右衛門さんは10丁目でないし、古いうどん屋さんってどこだろ。

ラーメン 太麺@う月食堂さん

「今閉店セールやってるわ。あそこも古いよー。」
はて、うどん屋さんで閉店セール?

ラーメン 叉焼@う月食堂さん

先客が答えます。
「お客入らないんだべさ」
10丁目界隈も長くシマにしていますが、どこだろ、うどん屋さんって。

ラーメン メンマ@う月食堂さん ラーメン ゆで卵?@う月食堂さん
あれ、中身は?(笑)

古いうどん屋さんの正体はわかりませんでしたが、
ごちそうさまでした。@う月食堂さん
完食。
美味かった~♪ご馳走様でした~♪
さーて、お掃除終わったかなぁ~。戻るとすっかな~。

後日同僚と話をしていた時、10丁目にある「三桜社」が閉店したと聞き、
あ、なーる。うどん屋さんでなくて文房具屋さんね。
と判明したのです。
山桜社閉店

そっか~。ここが閉店かぁ~。残念。
異動前は何度もお世話になったなぁ~。
山桜社閉店
ただ閉店時間が午後6時ってのが、ちょっとネックだったのよねー。

う月食堂さんは永く頑張っていただきたいです。
またお邪魔いたします。
今度は親子丼かカツカレーか月見ラーメンかオムライスか五目うどん・・・
悩むなぁ~(笑)


う月食堂
札幌市中央区南3条西7丁目(狸小路7丁目)
10:00~20:30
定休日は不明
スポンサーサイト
2010年05月13日 (木) | Edit |
雨降っているようだし、天気予報も一日中雨だし、
じゃあチャリ諦めて、地下鉄にすっかなと外へ出てみると霧雨状態。
これぐらいならチャリいけるなぁと思ったのですが、
傘を戻しに家に戻るのもめんどくさいし、たまには地下鉄もいいかぁ、
たまには天気予報の言う事も聞くかぁと出かけます。
チャリとすれ違うたびに後悔しながら歩きます。

久々の地下鉄改札口、まさに地下鉄が到着寸前、急げば間に合う!
というところで、前のお姉ちゃんが改札口でひっかかります。
他の改札口は降りてきた人々で一杯。あ~お姉ちゃん早くぅ~。
ようやくお姉ちゃんに続いて改札口を通るも、
願い叶わず、私を含め5人ほどが乗り遅れます。
ねーちゃん!2回やってだめだったらバックからSAPICAを出せ~!

次の地下鉄までの3、4分。ただ待つだけの、
進むことの出来ないこの時間はたまらなく長い。もー後悔は絶頂。

仕事、会議と終わって外へ出たのが7時過ぎ。
なーんだ、やっぱりたいして降ってないじゃんとまたもや後悔しつつ
おそば食べたいなぁと彷徨い始めます。
1軒目満席、2軒目閉店、3軒目終了と振られ続け、
おそばの気分だったので、開いてるラーメン屋さんをスルーしながら
東屯田通りに迷い込み、南下しながらお店を探します。
この通り、なーんて魅力的なお店が多いのでしょう。
ですが、小鹿食堂さんは4月から休業しているようです。
ちょっと心配しながら、こちらの食堂にお邪魔しました。

たら福さんです。
お食事処 たら福さん

お母さん一人でやってらしゃるのでしょうか。
前客は、かしましいお母さん3名と、寡黙な男性1名です。
みなさん晩酌の最中でして、お母さんたちは大いに盛り上がっております。

たら福さん店内

一人のお母さんが鍵を落とした話をしています。もう一人は30万円騙された人の話、
もう一人はもう一本お酒を追加するかどうかの話です。
それぞれが別々の話をし、合間にそれぞれに相槌を打つという、
ただ複雑に絡み合ってるようで、実はちゃんと出来上がってる みたいな
綾取りみたいな絶妙なやり取りであります。
うーむ。仲間入りするにはまだまだ修行が足りません。

たら福さんメニュー1 たら福さんメニュー2

後客、男性が一人入ってきます。
店のお母さんは私の五目そばを作りに行ったまま出て来ません。
お客のお母さん一人が立ち上がり、お冷を置いて注文を聞いてます。
「えーっと、とろろざるそば。冷たいの」
「はーい。ねー、今の聞こえたぁ~?」
「聞こえたよ~。」
で注文完了であります(笑)
お母さん、前客の男性にも「何かいりますか?」と聞いてます。
「・・・。」
このお客は寡黙です。答えません(笑)

五目そば(\650)です。
たら福さん 五目そば

具は海苔、ゆで卵、なると、麩、椎茸、鶏肉と六目そばです(笑)
お味はあっさりとした、塩分控えめのおつゆでして、出汁の香りが良いです。
熱々のお蕎麦が冷えた体にうれしいです。

途中お母さん達がお帰りになると、店内しーーーん(笑)
寡黙な男性はあくまで寡黙でありまして、
テレビと後客のおそばを啜る音が響きます。
灯油のポット式ストーブ、その上の蒸発皿が何とも懐かしい風景です。
そして近くの棚にあった競馬の馬券用紙(笑)
週末午後3時頃は、また大いに盛り上がるに違いありません。

しかしこの辺いいですね。また襲撃に来ようと思います。
その時は小鹿食堂さんも再開していますように。

チャリだったらきっと他の区に行ってしまったに違いありません。
いいこともあるもんだ。


お食事処 たら福
札幌市中央区南8条西8丁目
2010年04月15日 (木) | Edit |
やま忠河原食堂さんです。

P4030060_convert_20100405074927.jpg

円山市場が閉鎖になるというニュースを聞いて
気になってはいたんですが、なかなか行けないでいました。
4月3日(土)、この日も午後講習会だったのですが、
午後5時半に終了したので、チャリを飛ばして向かったのです。
そうしたら、張り紙が・・・。

P4030058_convert_20100405074911.jpg

間に合いませんでした。残念です。
しかし72年ですか。長い年数ですね。
ご苦労も楽しい事も、いろいろな事があったでしょうね。
その1/3の年数も働いていないのに、
音を上げたりしていてはいけませんなぁ。
しかし、あ~、ラーメン食べたかったなぁ~。

そして八ちやさんです。

P4100075_convert_20100413065506.jpg

夏には閉店とお聞きしていたので、
チャリが乗れるようになったら、4月にでも伺おうと思ってました。
塩ラーメンが食べたかったです。
それと前回隣のお客さんが食べていた卵とじうどんも。
職人肌のご主人が黙々と食事を作ってらっしゃるお姿と、
お母さんのやさしい笑顔が思い出されます。

やま忠川原食堂さん、八ちや食堂さん、
お疲れ様でした。
2010年04月08日 (木) | Edit |
騙されました。「発寒区」(笑)
4月1日の北海道新聞のエイプリルフール記事です。
実はこの記事、豚ソバ Fuji屋さんで
カレーつけ麺を待っている時に読んでいまして、
「この記事はエイプリルフール記事です」という欄を見る前に
カレーつけ麺が出来てきたので、完璧信じちゃいました(笑)
またこれが大変よく出来た記事で、またホントにありそうじゃないですか。

以前、発寒区が出来たら大三元になるから 区の発足を働きかける
というような記事か話を聞いた事があったりもしたので、
ほー実現したんだーと思っちゃいました(笑)
時計台の世界遺産登録申請の記事の方は、
何で?時計台が?と不思議に思ったのに、
「発寒区」はまるで不思議には思いませんでした。

しかも同僚に
「来年発寒区ができるんだって。
 西区の発寒と手稲区の新発寒が一緒になって発寒区になるらしいよー。」
って言ったら同僚も信じ込み、二人で札幌の地図見ながら
「この辺が発寒区になるんだ。区役所とかどこにできるんだろうねー」とか、
「なるほどなるほど。じゃ、西区体育館は発寒区体育館になるのか?」などと
楽しくお話しました。で、微塵も疑問に思わず1週間おりました(笑)

同じように騙されたとあるブロガーがその記事書いて、
エイプリルフール記事ですよって、コメント書かれて
それをたまたま見てウソだとわかりました。
それを見なかったら未だに信じていたと思います。
微塵もウソだと思っていない同僚には黙っていようかなぁ~
などと一瞬思いましたが(笑)、教えてあげまして大笑いしました。

以前は、電車がJR北海道が開発したDMVの技術を応用して、
市電ロープウェーとして山麓駅まで延伸するという記事も出たそうですね。
見てみたかったなー。きっと騙されたんだろうなぁ(笑)

しかしウソの記事を書いていいのかなどの非難や抗議も多数あったようで、
「なぁーんだぁ~、ウソかぁ~、いんや~騙されたしょや~」
で笑い飛ばせばいいと思いますけどねー。
なんとまぁ、心に余裕がないというか遊び心がないというか・・・。

後日、エイプリルフールの記事だという断りの表示が
わかりにくかったと謝罪が載っておりましたが、
そんなもんでかでかとエイプリルフール記事だと載ってしまって、
読む前からわかってしまったら、まるで面白くないしょや。
騙されるから面白いんだべさ、こういう記事は。

私は今から来年の4月1日の記事が楽しみです。
北海道新聞さん、楽しみにしてますよ~。
[READ MORE...]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。